坂巻接骨のきままにブログ

2012年9月 5日 水曜日

接骨院とは何ぞや?

坂巻接骨院です

残暑厳しく体がついて来ていない今日この頃・・・
皆様は大丈夫ですか?

ここ2・3日に雨がやっと降り、
少し楽になったかなぁ...と思いきや
今日はまた暑さが戻ってます。

学校が始まった子供たちも大変でしょうねぇ。



さて、今さらなのですが
表題の事についてお話ししようと思います。
・・・ちょっと『保険証』の利用についても絡めながら

まず『接骨院とは?』の前に
混同されたり何が違うのかよく質問されますので
他との違いについて説明しましょう。

【整形外科】
医師が診察致します。
基本的にどんな状態でも診て頂けます。
治療・検査に関してもどのような方法でも行えます。
(例:手術・投薬)
一般的な整形外科では診察を医師が行い
処置的な事(注射など)は看護師に、
理学・物理療法と言われる施術は
理学療法士や作業療法士に指示を出されています。
(あくまで例です)

保険証の使用に関してもたいていの治療に認められていますが、
混合治療と言われる自由診療と保険証を使っての
同時治療は認められておりません。

まだ美容整形と混同されている方もいらっしゃいますが
美容整形を行うのは『形成外科』の医師です。
整形外科は骨・筋の障害・病変を主に取り扱います。

※理学療法士や作業療法士については
現在開業権がありませんので
今回のお話とは別にまたの機会で説明します。

【あんま・指圧・マッサージ】
あんま・指圧・マッサージ師と言う国家資格を持ち
マッサージ院を開業したり出張で施術を行います。

同時に鍼・灸を行う方もおります。
こちらはまた別に鍼灸師と言う資格を保有しています。

いわゆるマッサージを行います。

怪我などの傷害を診察する事が出来ませんので
基本的に保険証の使用は出来ませんが、
医師に処方をして貰えば保険証が利用できる場合があります。
『国家資格』をお持ちである為ですね。

【整体・カイロプラクティック】
現在、日本には正式な資格制度はありません。
海外では医師に次ぐ資格として認められている国もありますので、
技術は確立されています。
そのため『アメリカの~大学に留学経験あり』などと言った
看板を掲げている方もおりますが
日本での資格制度がありませんのでどんな方でも開業出来てしまいます。

・・・と言うか開業していいのかなぁとの疑問も

治療と称する事は一切出来ません。
つまり『治ります』『痛みを取ります』とは言えないはずです。
何の資格もお持ちでない方がこれらを標榜した時点で
『医師法違反』になるはずですので

実際、何を行っているのか私には分かりません。
正式な資格がある訳では無いものですから・・・

技術は確立されていると書きましたが、
カイロプラクティックの技術で治療を行う医師やマッサージ師など、
私達と同じ有資格者は沢山いらっしゃいます。
全てではありませんが必要であれば私も行います。

・・・アメリカのなんちゃら大学に留学するより
こちらの資格を取る方が有意義だと思うのは私だけでしょうか?
独り言です(ボソ

もちろん資格がありませんから保険証での治療など有り得ません。

交通事故での自由診療請求も認められてはおりませんので
気を付けて下さい。

【クイックマッサージ・タイ式マッサージ・韓国式マッサージ等など】
もう私にも分かりません。
マッサージと称しているのですから
あんま・指圧・マッサージ師の資格をお持ちだと思うのですが・・・

あくまで聞いた話だと
何の資格もないアルバイトさんがしてくれる・・・なんて話しが

行かれる方は自己責任でお願い致します。



ここからは接骨院のお話です。

『整骨院』とは何が違うのかと聞かれますが
『接骨院』『整骨院』は同じです。
以下、全て接骨院と書きますが
整骨院も含めているとして下さい。

開業される時にその先生がどういう名前を付けるかの違いだけです。

同様に『ほねつぎ』も同じです。
・・・今は見かけなくなりましたけど
うちの昔の看板には書いてありましたねぇ

今の若い先生方は骨折を診なくなっているなんて話も・・・
『ほねつぎ』なんて看板出せませんね(さみしい

当院では診ておりますよ。

接骨院を開業されている方は『柔道整復師』と言う国家資格を保持しています。
もちろん私も国家試験に合格し所有しています。

治療内容は観血的(手術などの出血を伴う)治療や
投薬は認められておりません。
また、内臓疾患から来る症状も検査方法がありませんので
治療する事は出来ません。

それ以外の『痛み』に関するスペシャリストと言えます。

ただ・・・
保険証で全て行えるかとは話が違うのです。
保険証側から認められているのは『外傷』のみです。
原因がはっきりしてる症状しか請求させて頂けません。
例えば・・・慢性的に腰が痛いや肩こり、
疲れから来る不定愁訴(痛い訳じゃないんだけどとのような症状)
スポーツで怪我をして治ってはいるがリハビリをしたいなどは
認められません。

これらで来られて詰め寄られる事もあるのですが・・・
治療は出来るんです。
保険証が使えないだけなんです。

病院でも治療内容(先進医療など)によっては
保険適用が出来ませんと言われますよね?

これと同じです。

保険証側が認めるかどうかなだけなんです。

保険証を持っているんだから保険証を使うと言う
お気持ちは分かるのですが
保険証は全ての治療を認めている訳ではないのです。

これと同様に『労働災害』『第三者行為』も認められていません。
『労働災害』は就業中だけに関わらず通勤中も適用されます。
『第三者行為』とは喧嘩や交通事故など相手がいる場合ですね。


当院ではこれら全てお話した上で治療を行います。
分からない事はどんどん聞いて下さい。

納得できるまでご説明致します。
と、言うより納得して頂けなければ治療を行いません。

曖昧なまま治療をしてご不便を掛けるより良いと考えています。


坂巻接骨院では治療に関する全てを
御説明できるように心掛けております。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 坂巻接骨院 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
  • RSS配信
  • RSSヘルプ

坂巻接骨院

〒306-0632
茨城県坂東市辺田519-5
営業/診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30

お問い合わせ 詳しくはこちら