坂巻接骨のきままにブログ

2011年5月26日 木曜日

天気が悪いと古傷が痛む・・・?

坂巻接骨院です

ここのところ天候が不順ですね・・・

沖縄に続き九州南部も梅雨入りしたそうで
このまま梅雨入りなんでしょうか?

今週これからの悪天候は台風のせいもあるようですけど。


雨が降ると放射能が濃くなると言われているので
子供たちは勿論、農作物なども心配です。


震災の話ばかりで湿っぽかったので
今回はちょっと雨にまつわる体の話を・・・

みなさん、「雨が降るってるから古傷が痛い」って
聞いたことありますよね?

痛みを天気のせいにするって都合の良いような悪いような・・・

でも、実はあり得る話なんです。

〝ただし〟雨が降っていて痛いのは天気のせいではありません。

天気が関係してくるのは『天気が変わる』時なんです。

天気が急に変わるときって急激な気圧の変化が起こりますよね。
気圧と言うのは大気の圧力です。
人間の体はこの気圧に押し潰されないよう、
中から圧力で押し返してるんです。


蛇足ですが、海に潜ると『水圧』が掛かります。
水圧は気圧より高いものなので人間の体も陸上より潰れ気味になります。
・・・つまり、陸上より『細く』見えます(笑)
だからと言って潜り過ぎないよう気を付けましょう。


話を戻すと
中から押し返している圧力ですが
急激な変化には直ぐに対応できません。
・・・気圧は見えませんので

すると、気圧が変わった時に体は潰れたり、膨らんだりと変化します。
その時『古傷』と言われる部分は
他の場所より柔軟性が失われていることが多い為対応しきれなくなり
「痛み」を感じる事があるようです。
その痛みも『激痛』と言う訳でなく
『鈍痛』と言い表すような、重苦しい痛みのようです。

≪ここまでは諸説あるうちの一つです≫


では、なぜ雨が降ってからも痛いという方がいるのでしょうか?

これは私の考えも多く含まれております。

雨が降る、と聞くと皆さん忙しくないですか?

農家の方は降る前に仕事を済ませようと考える。
主婦の方は降る前に家事を済ませようと考える。
たいていの方は雨が降る前(降り始めも)忙しくなりますよね?

では、痛い場所がある方が忙しくなったらどうなるでしょう?

そもそも痛い所なんか構わずに仕事しちゃいますよね。

さて、仕事が片付いて雨も降ってるし一休みするかと言うとき・・・
じわじわと来るんですよ・・・
・・・『痛み』が

そりゃあそうです。
痛いのに動いたんですもん。

言われてみると『なるほど』と思う方いっぱいいますよね?



痛いのなら放って置かずに治療しましょうよ。
坂巻接骨院はどんな相談にも乗りますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 坂巻接骨院 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
  • RSS配信
  • RSSヘルプ

坂巻接骨院

〒306-0632
茨城県坂東市辺田519-5
営業/診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30

お問い合わせ 詳しくはこちら